中学受験生の親ブログ

広島の中学受験生の親ブログです。受験の顛末やら、塾やら、だらだらと。

1号回顧録 6年生の1月

1号の受験も年が明けて1月でいよいよ本番。

f:id:Sohshi:20210109141759j:plain

 

 受験初回は冬休み明け前の近大附属を本番前のトライアルとして受験しました。翌日の結果発表では無事合格。しかも授業料減免の特待生枠との通知。しかし、ここはあくまでお試しのため、入学手続きはせずスルーしました。


 次は附属中。平日のため学校を休み受験。妻が付き添い。附属中の次は市立広島。なんとこの日大雪でしかも市立広島は保護者の控え所無し。学校には車で送ってもいいが駐車スペースがないので下ろしたらすぐ移動。妻と1号を下ろし、妻には1号が受験会場に入ったらバスで可部町内まで来てもらい可部町内で待ち合わせ。市広は面接があったため、帰りは事前に連絡のあった面接終了時間に合わせて迎えに行きました。

 

 その翌週に修道、学院の2連戦。修道中には私が付き添い。初めて中学受験名物の塾の先生方の応援を体験。(日能研や大手のカテガク、鴎州は目立ちますね。)修道・学院の2連戦終了し、学院からの帰宅途中に頭が痛いと言い出しその夜に39℃発熱。その翌月曜日は40℃まで上がり、病院で検査しインフル陽性。その後、金曜朝まで熱が引かず。本命は県立広島でしたが本人とも話をし、この状態では受験しても別室受験で実力も出せないだろうとまさかの不戦敗で受験を終えることにしました。

 

 別で合格いただいていた学校に入学することとなりましたが、本人も楽しく通っており、当時の判断は間違いではなかった思っています。

広島ブログ